『トップガン』大ヒットに続け! 150人に聞いた「続編が観たい1980年代洋画」ベスト10

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2022/06/02(木) 11:10:52.57 _USER9
●10位『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年) 3票

●9位『グレムリン』(1984年) 3票

●8位『マッドマックス』(1979年) 4票

●7位『ランボー』(1982年) 5票

●6位『グーニーズ』(1985年) 6票

●5位『フラッシュダンス』(1983年) 7票

《青春時代の思い出であり、同世代の主人公達のその後を見てみたい》

《主人公がダンサーとして成功したのか気になる》

 アイリーン・キャラの歌う主題歌やサントラ盤も大ヒット。続編が期待されていたが、主演のジェニファー・ビールスが出演を断ったとも言われている。

●4位『ダイ・ハード』(1988年)8票

《とにかく主人公がカッコイイ 何回見ても飽きない》

《今の時代に置き換えたらどういう風に描かれるか興味深い》

 1990年に『ダイ・ハード2』、1995年に『ダイ・ハード3』、2007年に『ダイ・ハード4.0』、2013年に『ダイ・ハード/ラスト・デイ』と、シリーズは5作まで制作されている。2022年3月にブルース・ウィリスが失語症のため俳優業を引退したため、第6作は残念ながらなさそうだ。

●3位『インディ・ジョーンズ シリーズ』 9票

《大規模なセットで、ハラハラドキドキのストーリー展開がすきだった》

 1981年『レイダース/失われたアーク』から、1984年『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、1989年『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、2008年『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』と制作されてきた。2023年6月には『インディ・ジョーンズ5』が公開予定。ハリソン・フォードは2022年7月で80歳!

●2位『E.T.』(1982年) 21票

スポンサーリンク


《ETが生きているかどうか知りたい》

《子供達のその後のストーリーとか、ETが再び地球にやってきたとか、大人になったETとか見てみたい気がする》

《星に帰ったETはその後どうなったの?》

 低予算作品だったが、フタをあければ当時の映画史上、最大のヒット作に。日本でも1997年に『もののけ姫』に抜かれるまでは、最高配給収入記録を維持していた。4分間の短編が、2019年にネットで公開された。

●1位『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年) 45票

《あの当時の未来が、現実になっているので、もっと未来に行く続編を見たい気がする》

《現在の科学技術をベースにこの作品を見直し、作り直すだけでも見応えがありそう》

《もっと遠い未来や太古の昔にもマシンで行ってみて欲しい》

《過去に戻って未来を変えなかったらどうなったのか、新しいエピソードとして作ってほしい》

 1989年に『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』、1990年に『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』が制作された。主演のマイケル・J・フォックスが俳優業を引退していることもあり、続編の予定はない。

 アンケートでは、「続編としてではなく、現代の技術でリメイクしてほしい」という意見もあったことをつけ加えておく。いずれ劣らぬ名作ばかりだが、それゆえ、安易な続編はファンから酷評されるリスクもありそうだ。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/b83f54530852435aa023e9d34b043266352780ce

pose_english_shrug_woman

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました