ともにスピード離婚! 柄本時生に助言した「ブス会」メンバー前田敦子

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2022/06/03(金) 06:27:10.19 _USER9
 1日に離婚が明らかになった個性派俳優の柄本時生(32)と女優の入来茉里(32)。10年来の友人関係からの〝交際0日婚〟として話題を集めたが、発表早々にSNSに友人関係での再スタートを報告した。文章に添えたコミカルな写真も目を引いたが、その裏には女優の前田敦子(30)の〝助言〟があった――。

 柄本、入来の双方の所属事務所は1日、離婚時期や理由についてはプライベートなこととして言及しなかったが、「離婚していることは事実です」と回答。2人は2008年のドラマ「私は一本の木に恋をした」(福岡放送)の共演で知り合って以来、長く友人関係にあったが、柄本が〝交際0日〟でプロポーズ。20年2月に結婚し、わずか2年あまりでのスピード離婚となった。

 柄本は、父が柄本明、母が角替和枝さん、兄が柄本佑という芸能一家。佑の妻は女優の安藤サクラで、安藤の父はベテラン俳優の奥田瑛二だ。2人の離婚をいち早く報じた「文春オンライン」は、入来が「家族が有名人ばかりで肩身が狭い」とこぼし、引け目を感じていたとする関係者の証言を伝えている。

「結婚した直後からコロナ禍に見舞われ、俳優たちは存在意義を問われる状況にまで陥った。入来さんは売れっ子といえるまでの立場ではなく、多忙な柄本さんと自身を比較することもあったと聞いています。バラエティー番組などに出演し、新婚生活などのトークを求められることも増え、入来さんとしては『女優として頑張らないと』という思いもあったのでは」(テレビ局関係者)

 話し合いの末、納得した形で離婚に至ったという2人。それを表すかのように、入来は1日の自身のインスタグラムで「#ご報告」と題して更新。「友達12年、夫婦2年間。そして、友達13年目が再スタートしました」と報告。入来の背後の木から柄本がひょっこり顔を出すコミカルな写真を添え、良好な関係をうかがわせた。

スポンサーリンク


 もっともプロポーズした柄本は傷心したが、そんな柄本に助言し、励ましていた1人が大親友の女優・前田敦子だったという。

 前田も長らく友人だった俳優の勝地涼と2018年に交際4か月でスピード結婚したが、3年弱で離婚している。

「結婚した際にキューピッド役を務めたのが、共通の友人でもある柄本だった。2人が別居を経て、離婚への話し合いをしている渦中でも、柄本は修復に向けた良き相談相手にもなっていた。だからこそ、恩を感じていた前田が柄本の相談に乗った時もあったとか。傷心した柄本が入来と良好な友人関係に戻れたのも、前田のおかげもあると思います」(知人)

 2010年放送の前田の初主演ドラマ「Q10」(日本テレビ系)で共演して以来、仲良くなった柄本と前田。他に共演した高畑充希、池松壮亮を合わせた集まりを「ブス会」と呼び、コロナ禍前は定期的に会食していた。

 独身時代は柄本が前田宅に週2、3回通うこともあり、友人らの間でも2人の仲は公認。前田が恋愛に悩めば、柄本が愚痴を受け止める構図がお決まりだったという。

 くしくも、前田と柄本は6日から上演される舞台「パンドラの鐘」で共演。早くも前田は自身のインスタグラムで同じ髪形をした2ショットを投稿し、変わらぬ仲の良さをアピール。周囲からは「(柄本と前田が)再婚しちゃえば!」との冗談まで飛び出しているというが…。

6/3(金) 5:15配信
東スポWeb

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220603-04231298-tospoweb-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/614036c3be32bf55ce6f7f98bd8060e5ffdb9a8b

rikon_tatakitsukeru_man

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました