小学館新人コミック大賞「13歳」の作品が話題 人気漫画家も絶賛「天才です。13歳の漫画家志望者で一番うまいんじゃないでしょうか」

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2022/06/16(木) 14:49:04.16 _USER9
小学館(東京都千代田区)の「第90回 小学館 新人コミック大賞」児童部門の受賞者が2022年6月15日発売の「月刊コロコロコミック2022年7月号」で発表され、13歳のコバヤシ友星さんが名を連ねたことが話題になっている。

「小学館 新人コミック大賞」は年2回(6月と12月)発表される、新人漫画家向けの賞。「児童部門」「少女・女性部門」「少年部門」の3ジャンルに分かれ、「大賞」「入選」「佳作」の順に表彰される。入賞を逃した作家の中で、有望な作家には「奨励金」として10万円が授与される。

今回「児童部門」で奨励金の対象となったのは「おなら魔人」を描いたコバヤシ友星さん(13)だ。誌上に掲載されたカットには、若い男女3人に忍び寄る「魔人」の絵が描かれている。

スポンサーリンク


審査員を務めた「でんじゃらすじーさん」シリーズで知られる漫画家の曽山一寿さんは「ハイ、天才です、大天才です、13歳ってスゴくないですか!?これ冗談抜きで、日本にいる13歳のまんが家志望者の中で、一番うまいんじゃないでしょうか!?スゴすぎる!!」と大絶賛した。

コバヤシさんの表彰はSNS上でも注目を浴び、「とんでもない逸材」「大人顔負けだろ」「読みたい!どんな魔人なんだろう」などの書き込みが相次いでいる。

2022年06月16日14時13分
https://www.j-cast.com/2022/06/16439523.html
https://i.imgur.com/360jkx3.jpg

manga

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました