川口春奈、みやぞん、さまぁ~ず タレントが続々YouTube活動休止の事情

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2022/06/18(土) 23:43:05.03 _USER9
NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演中の女優、川口春奈が6月12日にYouTubeチャンネル「はーちゃんねる」を更新。
「ちょっと忙しくって。ちょっとだけ『はーちゃんねる』休暇をいただきたいと思います」と1か月間動画を休むことを報告した。

スポーツ紙芸能デスクは言う。
「理由はドラマ撮影だそうです。現在、『ちむどんどん』に加え、ヒロインを務めた映画『極主夫道 ザ・シネマ』が公開中の川口ですが、今後も新作の撮影が絶えません。川口のYouTubeは“素の彼女が観られる”と評判で、チャンネル登録者数153万人を誇る人気コンテンツのため、本人もスタッフも残念でしょうが、やはり本業に支障を来すわけにはいかないという判断に至ったようです」

実は川口に限らず、テレビタレントがYouTubeを休止する事態が相次いでいる。
お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんは6月12日、自身のYouTubeで、しばらくの間、動画配信を休止することを報告。「本当にスケジュールがないというのが現状でございます」と理由を説明した。

お笑いコンビ「さまぁ~ず」も4月30日、大竹一樹がドラマ出演で多忙のため、YouTubeでの活動を休止し、当面は三村マサカズとゲストで配信していくと発表。
ところがその後、5月14日、今度は三村が「俺も休む」とコンビでの休止を決断した。

なぜここに来てテレビタレントたちによるYouTube活動の休止が相次いでいるのか。
芸能評論家の三杉武氏が解説する。

「川口春奈、みやぞん、さまぁ~ずは、いずれもそれぞれ本業が忙しく、決してネガティブな理由で休止するのではないことが共通しています。タレントによるYouTube活動が転換期を迎えているということでしょう。

スポンサーリンク


コロナ禍で活動が制限されるなかで、多くのタレントがYouTubeアカウントを開設し情報を発信するようになり、自身のブランディングはもちろん、経済的にもプラスになったのは間違いありません。特に舞台や営業が激減したお笑い芸人にとっては、テレビや舞台に頼らないYouTubeは活動の幅を大きく広げました。ただコロナが収束し、仕事面での制限もなくなり、ほぼコロナ以前に戻りつつあります。YouTubeばかりに注力していられないというのが現状のようです。

当初は気楽な気持ちで少しでもプラスになればと始めたYouTubeが本業の重荷になるようでは本末転倒。彼らは発信力があるだけに、再生回数が減ったり、更新頻度が少なくなるだけで、ネガティブなニュースとして取り上げられてしまう。また人気アカウントになれば、それなりにクオリティの動画を作らないと、というプレッシャーもあるでしょう。本業がYouTubeという動画配信者ならともかく、テレビなどをメインに活動しているタレントにとって、金銭面や宣伝効果などを考えると、そこまで労力を費やして動画を更新するメリットが少なくなってきているのかもしれません。今回揃って更新停止を発表したのも、そんな裏事情があるのではないでしょうか」

川口春奈、みやぞん、さまぁ~ず タレントが続々YouTube活動休止の事情
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6effc8a4527d4fbb467d91276c2d4539da1f31c

douga_haishin_youtuber

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました