矢沢永吉「台風接近でライブ決行」騒動、弁護士が見解

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2022/09/19(月) 22:57:00.64 ● BE:329591784-PLT(13100)
台風14号が接近していたにもかかわらず、歌手の矢沢永吉(73)が18日の福岡PayPayドーム公演を決行した。現在もネット上で物議を醸しているが、万が一、観客がコンサートの行き帰りでケガを負ったら、矢沢に賠償責任は発生するのだろうか。

アディーレ法律事務所の長井健一弁護士は「通常の場合、会場への行き帰りは観客それぞれが自身でルートを決めて行うものであり、道中の安全も自身で確保すべきであり、主催者が責任を負うことはありません」と指摘。

スポンサーリンク


矢沢の福岡公演についても「台風の場合についても、会場への行き帰りのルートは観客自身が決めるのであり、原則として主催者が責任を負うことはありません」とした上で「特に今回は、開催を告知しているホームページで、必ず安全確保できる方限定としており、来場を断念された方には返金対応を明記していますので、主催者に責任を問うことは難しいと思います」と解説した。

https://news.livedoor.com/article/detail/22881623/

figure_angry_seigi

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました