『めざまし8』三浦瑠麗、“胸元シースルー”の喪服姿に視聴者が騒然「自己顕示欲の表れ」「喪服になってない」

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2022/09/28(水) 09:47:00.36 _USER9
9月27放送の『めざまし8』に国際政治学者の三浦瑠麗氏(41)が出演。当日午後から、安倍晋三元首相(享年67)の国葬が営まれるとあって喪服姿で出演していたが、その姿に視聴者から「承認欲求強すぎ」「自己顕示欲の表れ」と非難の声が集まっている。

安倍元首相の国葬については現在も賛否問われているが、三浦氏は「日本にはどうしても共産党の方が反対理由としていくつかあげられている中に“法の下の平等”という主張がある」「そういう感情が、高齢者に強いなっていうのがある」と持論を展開。

その後、一般献花台の前で「反対」と「誰しも平等じゃないんですか!」などと叫ぶ男性の姿が映し出されると、三浦氏は再び「共産党の主張としては理解できる。ただそれは、身分制そのものを否定することになるので、各国の王族を特別扱いするのも良くないし、皇室を特別扱いするのも良くないってことになるので、それで一つの立場」とコメント。「そういう発言の自由が確保されてる国だっていうのが、ものすごく大事なこと」だと主張した。

しかし、ネット上では「表現の自由があるのは確かに大事」だとしながらも、「TPOはわきまえるべき」「海外メディアが報じるような場でわざわざ言うことではない」など批判の声も。また、「国葬反対派は高齢者だとか共産党支持者だとか勝手に決めつけてるけど、献花者にも高齢者いっぱいいたじゃん」「反対して演説している人を共産と決めつけて話すの良くないな」といった指摘も集まっていた。

スポンサーリンク


また、この日の三浦は、番組前半で「私も本日参加するつもりなんですけど」と明かしており、この後、安倍元首相の国葬に参加する予定とのこと。そのためか、髪をスッキリとまとめ、喪服にパールのアクセサリーをつけて出演。しかし、胸元と袖がシースルーになっている服装や赤リップをつけたいつもより濃く見えるメイクに対し、視聴者は「スケスケ喪服?が気になる……」「「喪服を着てそれっぽく振る舞ってはいるが、化粧の濃さに承認欲求の強さが表れている」「エロい黒衣装は喪服にもなって無い。弔意表すなら慎ましく肌を隠すのがマナー」「喪服とも言えないこの透けてる服は、なに?これは喪服なの?」「見えそう」などと騒然となっていた。

番組終了間際には、一般献花台に花を手向ける人々に向けて三浦氏は「お写真しかないけれども、実際に赴いて心を示したいというのは尊い気持ちなので、みなさんにお疲れ様ですって申し上げたい」「何より、警察官の方々が(国葬の警備にあたるため)全国から集まってきてますから、彼らが暑い中、重装備で大変な思いで警備をされているので……」言いながら、「私は、まあ楽に椅子に座って5時間ですが、国葬に参加していきたいと思う」とコメントしていた。

「その後、『本当に警察官の方、お疲れ様です』と、人ごとのように語っていましたが、“楽に椅子に座って国葬に参加する”という発言は、本当に警察官の方の苦労をねぎらうつもりがあるなら出てこない一言ですよね。これについても『え?楽にって言葉……いる?』『どうやったらそんな発言が出てくるのか。逆に警察官の方々を下に見てるように聞こえる』と視聴者をあ然とさせていました」(政治記者)

シースルーの喪服もOKとされているが、さすがに今回のは肌が透け過ぎなのではないだろうか。

New’s 9/28(水) 7:00
https://article.yahoo.co.jp/detail/9ec43f7a83bccddb961fd997559969d44174fa6d

figure_angry_anti

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました