霜降り明星せいや「ズーム飲み記事裁判」で文春に勝訴 東京地裁が330万円の賠償命令

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2022/12/01(木) 16:32:17.83
 1日午後、お笑いタレント「霜降り明星」のせいや(30)と所属事務所「吉本興業」が、「文春オンライン」で配信された記事でプライバシーが侵害されたなどとして、配信元の文藝春秋などにあわせて約7500万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が東京地裁であった。地裁は文春らに約330万円の賠償を命じる判決を言い渡した。謝罪広告の掲載は認められなかった。

 ***

衝撃的だった写真
 20年6月に「文春オンライン」が配信したせいやの“スキャンダル”はネット上をざわつかせた。

 タイトルは〈お笑い第7世代『霜降り明星』せいやが面識ナシの一般女性に“ZOOMセクハラ”〉。20年5月ごろ、せいやがオンライン飲みをしている最中、「突然、ズボンを脱いで卑猥なことをしてきた」と訴える女性からの告発であった。

 衝撃的だったのは写真である。文春は女性から提供を受けたZoomのキャプチャー画像も数十枚配信。そこにはモザイク入りで、せいやが卑猥なことをしている最中のものまで含まれていた。

 当初、せいやのイメージダウンにつながりかねないと思われた記事だったが、大きな影響は出なかったという。

「というのも、ネット上では“女性のハニートラップにかかっただけじゃないか”という見方が大勢だったからです。。セクハラと主張している女性に対してもまったく同情する声は起きなかった。そう思ったならば、画面を消せばいいだけのことだろって」(民放関係者)

スポンサーリンク


担当デスクまで訴えたせいや
 それどころか、テレビではせいやの“鉄板ネタ”の一つにすらなっていたのだ。

「しばらくは、バラエティ番組でのトーク中に先輩芸人から“で、それはzoomでやったの?”などとよくいじられていました。相方の粗品も『CM3本飛んだ』って」(同)

 だが、実はせいやは心の中ではまったく笑っていなかった。記事掲載直後に、プライバシー侵害を理由に記事の削除を求める仮処分申請を地裁に申し立てた。10月18日に記事が削除されると(文春のホームページによると、「本件記事は吉本興業の求めや仮処分を受けて取り下げたのではなく、弊社の内規に従って予定通り公開を終了したもの」)
、すぐに今回の訴訟を起こした。

 業界内では「せいやがブチ切れている」とウワサにもなっていた。

「というのも、せいやは配信元の文藝春秋だけでなく、取材を担当した記者二人、さらには担当デスクまで訴えたからです。実際、親しい知人には『いくら芸能人とはいえプライバシー侵害も甚だしいだろう』と怒りをブチまけていたようです」(同)

※続きはリンク先で

デイリー新潮 12/1(木) 14:45

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/75199f2202ed732bdb2dcde0e717480359aec551&preview=auto

pose_english_wow_woman

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました