元TOKIO山口達也さん、食事は『Uber Eats』、必需品は『Amazon』で爆買いの“隠遁生活”

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2020/09/29(火) 22:08:32.24 _USER9
9月の4連休最終日、日本中に激震が走った!

「元TOKIOの山口達也さんが、酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。22日の午前9時半ごろ、都内の交差点で信号待ちをしていた乗用車に、山口さんが運転していたバイクが追突。
双方ケガはありませんでしたが、呼気検査で基準値を大幅に上回る約0・7ミリグラムのアルコールが検出され、逮捕に至りました」(スポーツ紙記者)

大量に飲酒していたことに対して、世間からは厳しい声があがった。
「警察の取り調べに対して、事故前日の午後9時から午前0時ごろまで、麦焼酎をロックで5~6杯飲んでいたと供述。当日は、親族にプレゼントを届けるためにバイクで家を出たといいます」(同・スポーツ紙記者)

最初は「一杯だけ」だったのが……

’94年にTOKIOのメンバーとしてデビューした山口は、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)にも出演し、幅広い世代からの人気を得た。しかし、2年前の“事件”ですべてを失った。
「’18年4月に、未成年の女性に対する強制わいせつ容疑で書類送検されました。起訴猶予となったものの、ジャニーズ事務所との契約を解除され、グループも脱退しました」(同・スポーツ紙記者)

スポンサーリンク


山口は、一部のメディアでアルコール依存症の可能性があると報じられたが、昨年8月に発売された『女性セブン』のインタビューでは、《いまはお酒のいらない生活をしています》と答えるなど、改善しているように見えた。
なぜ、また誘惑に負けてしまったのだろうか。

アルコール依存症に詳しい『新宿東口ハートクリニック』の中田貴裕院長は、一般的にアルコール依存症の治療は難しいと指摘する。

「治療に成功する方は3割程度。山口さんの場合、今回の事件だけでアルコール依存症であると断定できませんが、1度はお酒をやめられたと思っても、また飲みだして、規範意識が薄れてしまったのだと思います。
最初は1杯だけと思っていたのが、次第に2杯、3杯と量が増えていったのでしょう」
最初の“事件”から2年半たつが、実はこの時期は注意が必要だという。

「半年から1年の間は、施設に入るなどして、治療がうまくいく可能性が高い。ただ、2年後、3年後にどう向き合っていくかが重要なんです。 “自分はもう大丈夫”と思った後、どう治療に取り組んでいくか見据えていかなければなりません」(中田院長)

9/29(火) 21:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a02da1c22ae66372bb676ba88818754e22dbdf5

20200922003

続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました