『ももクロ』再集結も緑だけ除外に違和感「かわいそう…」  現メンバーと元メンバー早見の5人でスキンケアブランドの広告

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2020/10/07(水) 23:37:54.07 _USER9
女優の早見あかりと『ももいろクローバーZ』がアンバサダーを務めるスキンケアブランドの広告に、早見と同じく元『ももクロ』メンバーだった有安杏果の姿が〝相変わらずない〟と話題になっている。

今回公開された『SOPHISTANCE(ソフィスタンス)』の広告ビジュアルでは、アンバサダーの5人が透明感溢れる素顔を披露。
デジタルカメラではなく、フィルムを使って撮影されたという写真は、まさにブランドのコンセプトである〝ひとりひとりが持つ個性が最高の状態で花開いた瞬間の輝き〟を体現しているかのような美しい仕上がりとなっている。

メンバーの百田夏菜子は、約10年ぶりとなる5人での仕事について、早見とはプライベートで親交はありつつも「仕事で会うっていう緊張感はありましたが、自然な感じで撮影に入れた」とコメント。
一方の早見も「いざ一緒になると、いつもと変わらないというか、一緒にいることがとても自然でした」と、両者の強い結びつきを感じさせるコメントを寄せている。

緑が消えた理由

「ネット上では、2018年1月に『ももクロ』卒業を発表した、緑色担当の有安の姿がないことが話題に。『なんか緑の子かわいそう』『緑だけハブられた感が否めない…』などと心配の声があがっていますが、実は有安だけが選ばれなかった〝ある明確な理由〟があるのです」(ネットメディア編集)

スポンサーリンク


それは、この商品が芸能事務所『スターダストプロモーション』グループ傘下の『株式会社SDI』という会社によって制作されているということ。

「『ももクロ』はもちろん、早見もグループこそ卒業したものの〝スタダ〟所属は変わっていない。つまり、今回は〝自社製品に自社タレント〟を起用しているに過ぎないのです。その証拠に、他に起用された森英寿や鈴元まいも同じくスタダの所属タレント。一方の有安は、卒業とともにスタダを退社し、25歳年上の精神科医の夫が代表を務める会社に移籍しているため、今回起用されなかったのも当然といえば当然のことなのです」(芸能ライター)

ネット上で未だに根強く残る〝緑ハブ説〟。
「立つ鳥あとを濁さず」や「終わり良ければすべてよし」ということわざを身につまされる思いだ。

『ももクロ』再集結も“緑だけ除外”に違和感「かわいそう…」 

https://myjitsu.jp/archives/135537
no title

続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました