テレビの「●時45分開始」番組への強烈な違和感 視聴者軽視のフライングで誰が得しているのか

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2020/10/13(火) 20:00:41.08 _USER9
この1週間、「テレビ朝日に何かあったんですか?」「録画ができていませんでした。いつからこうなったんですか?」などの声が私のもとに届いています。あるアラフィフ男性からは、「18時45分からはじまる番組って、1980年代の『藤子不二雄劇場』を思い出しましたよ」なんて声もありました。

何の話かと言うと、テレビ朝日による今秋の番組改編。これまで平日の19時まで放送していた「スーパーJチャンネル」の放送時間を15分間縮小して18時45分に終了。19時から放送していた各曜日のバラエティーを15分間前倒しかつ拡大して放送しはじめているのです。

中途半端な“●時45分スタート”番組が続々

具体名を挙げると、月曜の「帰れマンデー見っけ隊!!」、火曜の「林修の今でしょ!講座」、水曜の「あいつ今何してる?」、木曜の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」、金曜の「ザワつく!金曜日」が今秋から18時45分からのスタートになりました。

また、改編後の1週目に放送された10月6日の「アメトーーク!3時間SP」、10月7日の「ザ・タイムショック 2020最強クイズ王決定戦SP」、10月8日の「ロンドンハーツ3時間SP」も18時45分スタートだったため、「番組冒頭を見逃してしまった」「録画できていなかった」などの声があがっています。

スポンサーリンク


ただ、中途半端な“●時45分スタート”は、テレビ朝日の夜だけではありません。フジテレビも今秋から、午後の「直撃LIVEグッディ!」を終了させて、前番組の「バイキング」を14時45分までに延長しました。さらに、主にドラマ再放送枠の「メディアミックスα」を65分間前倒しして14時45分から、「Live Newsイット!」を65分間前倒しかつ拡大して15時45分から放送しています。“●時45分スタート”という中途半端な開始時間の番組が2つも続くのですから、疑問の声があがるのも当然でしょう。

テレビ朝日の18時45分も、フジテレビの14時45分と15時45分も、新聞・ネット・テレビ誌などの番組表を見ると、他局の番組と微妙な段差があり、明らかに見にくくなってしまいました。なぜ秋の番組改編で、このような見づらい番組表になってしまったのでしょうか。

テレビの「●時45分開始」番組への強烈な違和感 
視聴者軽視のフライングで誰が得しているのか 

木村 隆志 : コラムニスト、人間関係コンサルタント、テレビ解説者 

2020/10/13 17:10 
https://toyokeizai.net/articles/-/380907

→次ページバラエティー好きをいち早く取り込める
https://toyokeizai.net/articles/-/380907?page=2

テレビ朝日


続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました