声優・鬼頭明里さん、「鬼滅の刃」 しゃべれない禰豆子の演技の裏側「無限列車編」で涙も

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2020/10/15(木) 09:47:18.03 _USER9
 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」に続く物語となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が10月16日に公開される。幅広い世代から愛される「鬼滅の刃」で主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の妹・禰豆子(ねずこ)の声優を務めるのが鬼頭明里さんだ。個性的なキャラクターが続々と登場する同作の中でも禰豆子は人気が高く、鬼頭さんは、禰豆子を演じることで変化もあったという。また、竹の口かせをしてしゃべれない禰豆子を演じることは「挑戦」だったようだ。鬼頭さんに「鬼滅の刃」人気、アフレコの裏側について聞いた。

 ◇「禰豆子ちゃん!」と言ってもらえる

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹を元に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された。テレビアニメの放送と共に原作の人気も加速し、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億部を突破。歌手のLiSAさんが歌うテレビアニメの主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」が大ヒットし、「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場したことも話題になるなど広い世代から注目される作品となった。

 鬼頭さんは「鬼滅の刃」の放送前から数々のアニメに出演してきたが、「鬼滅の刃」をきっかけに、テレビのバラエティー番組に出演するなど、さらに活動の幅を広げた。禰豆子も人気キャラクターとなった。鬼頭さんにとって「鬼滅の刃」は「大切な作品」になり、禰豆子を演じることで変化もあった。

 「素晴らしい作品に関われて本当によかったですし、ありがたいです。親戚の子供、友人、普段はアニメを見ない人、アニメとは違う業種の方からも『禰豆子ちゃん!』と言ってもらっています。すごくうれしいです。女性の方からファンレターをいただける機会も増えました」」

スポンサーリンク


 「鬼滅の刃」は子供を含め幅広い層から人気を集め、社会現象になった。鬼頭さんはその魅力の一つに「せりふ」を挙げる。

 「水の呼吸!だったり、まねしたくなるせりふが多いんですよね。まねをしてくれているのは、うれしいです。禰豆子も子供がまねしてくれているみたいで、『子供がトイレットペーパーの芯をくわえてまねをしています』という声も聞きました。確かにサイズがちょうどいい(笑い)」

 ◇最初は指を噛みながら演技 禰豆子は腹話術みたい?

 禰豆子は、理不尽な理由で鬼にされてしまう。鬼化した後は、言葉をしゃべれなくなり、「うぅ~」などとうなる場面が多い。鬼頭さんにとって禰豆子を演じることは「初めてのことばかり。挑戦だらけ」だった。

 「禰豆子は竹製の口かせをしていていますが、本当に口かせをくわえたようなお芝居だと、可愛くなくなってしまいます。でも、デフォルメして可愛くし過ぎると作品の雰囲気には合わないですし、そのあんばいを考えて演じています。最初は、自分の指を噛みながらやったこともあったのですが、結局、噛まないことで落ち着きました。口を開けずに、口の隙間(すきま)から声を出すように演じています。何だか腹話術みたいですね(笑い)」

 禰豆子は、ただ可愛いだけではない。激しく暴れ、戦うシーンもあり、鬼頭さんにとって「挑戦」となった。

 「暴れるシーンは、最初は正解が分からず、すごく考えて、練習してから現場に臨みました。現場でやってみて、皆さんから『いい!』と言っていただけた時、やっと、これでいいのかな……とほっとしました」

https://mantan-web.jp/article/20201014dog00m200013000c.html

20201015004

続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました