朝ドラ「おちょやん」低視聴率挽回のカギ…“怒っても可愛い”杉咲花が握っている

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2020/12/24(木) 17:29:43.33 _USER9
 11月30日にスタートしたNHK朝ドラ「おちょやん」。初回平均視聴率(世帯)は18・8%にとどまり、20%割れは、2017年の「ひよっこ」(19・5%)以来7作ぶりと報じられた(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

 ストーリーは“大阪のお母さん”として親しまれた上方女優の浪花千栄子がモデルのオリジナル。主人公の竹井千代役を杉咲花(23)が演じる。

 スタートダッシュがかなわなかった理由としては、コロナ禍での番組開始時期の遅れや、十分な番宣ができなかったことなどが指摘されている。

 しかし「徐々に挽回する可能性が高い」と次世代メディア研究所所長の鈴木祐司氏は「Yahoo!ニュース 個人」の記事で分析している。鈴木氏は、インテージ「Media Gauge」のデータを用いて、9話までの「途中で番組を見るのをやめる人の出現率=流出率」を分析。それによれば、2週目に入ると回を追うごとに流出率は下がっており、さらに各回を1分ごとに分析すると、2週目は流出率の低いシーンが増えていたという。「『あまちゃん』『ひよっこ』『エール』のように、スロースタートでも中盤から後半にかけて勢いを増すパターンとなる可能性が高い」と結論付けている。

 第3週(12月14日~)からは、主人公役が子役の毎田暖乃(9)から、杉咲花にバトンタッチ。大人になった千代が芝居茶屋「岡安」で奮闘するエピソードが本格的に描かれ始めた。

 第1週から第3週にかけての週間平均視聴率は、17・8→18・2→18・2%と推移し、初回を超えていないが、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野氏はこう話す。

スポンサーリンク


「脚本が『半沢直樹』などを手がけた八津弘幸さんで“逆境に負けず強い意志をもって人生を切り開いていくヒーローやヒロイン”を描くのが上手な方ですから、これからさまざまな試練が襲ってきて、それを一つ一つ主人公が挽回していくはず。お話はどんどん盛り上がっていくと思います。千代がダメダメなお父さんのテルヲ(トータス松本)に奉公に出されるシーンでも『私は捨てられたんやない 私があんたらを捨てたんだ』という強いセリフがありましたが、いずれ千代の強さを代表する“決めゼリフ”も出てくると思います。また女優さんの話ですから、今後、出てくる『劇中劇』も見どころになってくるはず」

■“怒っても可愛い”杉咲花は朝ドラ向き

 さらに、若手女優の中で演技力には定評のある杉咲花にも期待が高まる。

「逆境を挽回する“強いヒロイン”といっても、朝ドラですから、夜のドラマのように重すぎても胃もたれしてしまう。すでに千代が怒って啖呵を切るシーンなども出ていますが、杉咲さんは怒っても可愛らしいところが朝ドラに合っている感じがしますね。少しくすぐりを入れながら進む落語家の桂吉弥さんのナレーションもいいです」(ペリー荻野氏)

 ドラマ自体も、低視聴率スタートという逆境を挽回していけるか。

12/24(木) 15:00配信 
日刊ゲンダイDIGITAL 

演技派だもの、実力あるもの(C)日刊ゲンダイ 

https://news.yahoo.co.jp/articles/f76bc72ee1bf261c95734f97c3af2d445e963d68

no title
続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました