伊藤健太郎が返済を誓う「7億9000万円」の内訳、CM違約金が高額請求になる理由

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2021/05/28(金) 11:22:40.54 _USER9
 昨年10月にひき逃げ事故を起こして芸能活動を自粛していた伊藤健太郎。先日、TBS系『新・情報7daysニュースキャスター』の取材に答えるも、まるで他人事のような受け答えに、視聴者からはさらなる顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまった。そんな伊藤に請求された “違約金”は7億9000万円にものぼると報じられている。インタビューでは返済について「働いて…」と言葉を詰まらせていたがーー。

CM15秒の料金はいくらか
 7億9000万円――。

 昨年10月に道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕され、今年3月に不起訴処分となった俳優の伊藤健太郎(23)が、CMのスポンサーなどから請求された違約金として報じられた合計額である。

 平均的なサラリーマンの生涯収入は2億5000万円程度だから、莫大な金額だ。とはいえ、これを超える違約金の額もある。薬物事件で逮捕され、有罪が確定した女優は、約10億円に達したと言われている。

 伊藤の場合、後に7億9000万円からやや減額されたという。それでも数億円単位であるのは間違いない。なぜ、違約金はこんなにも高額になるのか。

 その理由はCMにある。本業ではやりたい仕事を選び、CMで高収入を得るというのが芸能人の理想像であるものの、一方でCMには人生を暗転させかねない危険が潜んでいるのだ。

 まず、CMの契約書には違反行為が記されている。その行いをしたら、契約解除となり、違約金が発生する。

「犯罪はもちろん、反社会的行為や不倫などの反道徳行為もしてはならないことになっています」(芸能プロダクションCM担当者)

 簡単に言うと、CMが流せなくなるようなことはしてはならないというわけだ。

 では、なぜ違約金が発生するのかというと、伊藤が逮捕された時点でスポンサーはCMを流せなくなってしまった。だが、スポンサーは既にテレビ局からCM枠を買ってしまっていた。まず、この補償を迫られる。

スポンサーリンク


 伊藤に限らず、昨年1月に唐田えりか(23)との不倫が報じられた東出昌大(33)や同6月に一般女性との不倫が露見した渡部建(48)もみんな同じだ。

 在京キー局のCM枠の料金はいくらかというと、番組と番組の間に流れるスポットCMの場合、15秒で約30万から約100万円。金額に幅があるのは、局や放送時間帯によって料金に違いがあるためである。

 この金額なら、そう高額ではないものの、CM枠は1本単位では売り買いされていない。しかもスポンサーは同時期に各局でスポットCMを流すケースが多いので、合計数百本単位になることが多い。仮にスポンサーが買っておいた30万円のスポットCM枠が100本無駄になったら、3000万円になってしまう。

 しかも逮捕前の伊藤は日の出の勢いで、昨年上半期(1月~6月)はマルハニチロや三井住友銀行など14社とCM契約を結んでいた。その数は広瀬すず(22)、橋本環奈(22)に次ぎ、3位だった。このため、無駄になったCM枠は途方もない金額になったはずだ。

 スポンサー1社につき買ってあったCM枠が3000万円分あり、14社で無駄になったら、4億2000万円。実際に無駄になったCM枠の料金と本数は違うだろうが、違約金の中で一番大きいのがCM枠の補償なのは間違いない。

 無駄になったCM枠では代わりにACジャパンのCMが流れる。ただし、あくまで空いたCM枠を埋めるだけだから、スポンサーに料金が返還されるわけではない。

 CMに登場している芸能人が法や道徳に反する行為におよぶと、難民援助や動物愛護などを訴えるACジャパンの道徳的なCMが流れる。なにやら皮肉な仕組みである。

次ページは:再起はそう簡単ではない

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/bfaf3d9b614869a91f848d164bc69e39d5f35504
no title

続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました