【言い訳】両親の離婚、父との絶縁…福原愛“普通の家庭”を知らずに成長した苦悩

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2021/07/16(金) 16:42:38.25 _USER9
 天才卓球少女として幼い頃から人気を集めた福原愛(32才)が7月9日、台湾の卓球選手・江宏傑(32才)と離婚を発表した。今年1月に卓球の全日本選手権の解説で来日した際、「今後は日本を拠点にする」と発言したことで夫婦不仲説が流れ、3月には『女性セブン』が5才年下の商社マンとの“里帰り不倫”をスクープ。日本と台湾は大騒ぎになった。2人の子供については共同親権を選択し、福原と江の双方が親権を有するという。

 異国での生活に別れを告げ、住み慣れた日本で子供たちと再出発する──そう思い描いた福原だが、時間が経つとともに不安が大きく膨らんでいったという。

「愛ちゃんは出産直後から、かわいい子供たちに目を細める一方、『子供を育てていく自信がない』と漏らしていました。周囲は『何言っているの。誰だって最初からお母さんにはなれないよ』と励ましたのですが、彼女は『どんな母親になればいいのかわからない……』と嘆いていたんです。

 その後は出産で家庭的なイメージが定着し、CMなどで引っ張りだこになる半面、“私は本当に子供を愛し、育てていけるのだろうか”という不安は消えなかったようです。そして、思い描いていた離婚後のシングルマザー生活を躊躇するようになりました」(福原の知人)

 一体何が彼女をそうさせたというのか。福原が3才で卓球を始めたことはよく知られる。

「もともとお兄さんが卓球をしているのを見た愛さんが『やりたい』と始めたのですが、そんな彼女に付きっきりで猛練習を施したのが、元卓球選手の母・千代さん(70才)です。

 普段は穏やかな千代さんが卓球の練習になると鬼コーチになり、泣きじゃくる娘を容赦なく怒鳴りつけた。何しろ、3才で卓球を始めてから365日、元日も休まず毎日3~4時間の練習に励んだのですから。愛さんにとって千代さんは『お母さん』であるより前に『コーチ』だったんです」(卓球関係者関係者)

スポンサーリンク


 母だけでなく、父の武彦さんも娘の鬼コーチになった。「やるなら1番を目指せ」と娘を叱咤し、毎日1000本のラリーを課した武彦さんは、かつて卓球の専門誌で福原についてこう述べた。

《福原愛は娘であるけれども、自分の子どもじゃないという感覚がある》

 天才卓球少女として世に出て人気者となった福原だが、その裏では卓球に打ち込むあまり、「親に愛された」という思いを抱けなかったのかもしれない。

 一家には経済的な問題もあった。

「武彦さんが仙台で経営していた不動産会社が1998年、3億5000万円の負債を抱えて倒産し、債権者から1億4000万円の返済を求められたんです。家計が火の車になった夫婦は娘が卓球で稼ぐ収入に依存するようになりました。当時小学生ながら、企業とスポンサー契約をしていた愛さんは、一家の大黒柱にもなったのです」(福原家を知る関係者)

 物心ついた頃から卓球を通じて両親とかかわり、小学生時代から一家の家計まで担うようになった愛さんは、彼女が後に描いた“普通の家庭”を経験しないまま成長した。いまは愛さんが武彦さんとの思い出を語ることはほとんどありません」(前出・福原家を知る関係者)

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20539573/

20210716004

続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました