TBS「ラヴィット!」麒麟・川島の細かすぎる“全方位ツッコミ”でV字回復の予兆

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2021/09/02(木) 09:09:44.29 _USER9
 情報バラエティー「ラヴィット!」(TBS系)が再び評判を高めている。

 今年3月29日、落語家の立川志らく(58)が初メインMCを務めた情報ワイドショー「グッとラック!」の後継でスタート。麒麟の川島明(42)が朝の情報帯番組の司会に初めて抜擢されたことで注目され、裏番組が博多華丸・大吉の「あさイチ」(NHK)、極楽とんぼの加藤浩次(52)の「スッキリ」(日本テレビ系)であることも話題になった。

麒麟川島「ラヴィット!」MC就任でワイドショー“草食”加速

「日本でいちばん明るい朝番組」を標榜し、“脱ワイドショー”を貫く。同局で1996年にスタートした「はなまるマーケット」のように視聴者ターゲットを主婦や女性に絞り、衣食住と生活アイデア、占いに特化。世帯平均視聴率は民放4局で最下位。4月には過去最低の1.1%まで落ち込み、今なお関東地方では2%前後と芳しくない数字のまま2クール目に突入しているが、ここへ来て、バラエティー一辺倒に振り切ったことが功を奏しているというのだ。

 月曜日から金曜日のレギュラーメンバーに2組以上のお笑い芸人とバラエティータレントがいるため、オープニングトークからボケとツッコミの応酬。冒頭の曜日別コーナーでは、VTRのクイズに対するスタジオの答えが大喜利化、笑いを競い合う既定路線が出来上がった。

 川島と言えば、大喜利バラエティー「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)でチェアマン(メインMC)のダウンタウン松本人志(57)をうならせる確かな腕の持ち主だけに、超マニアックな小ボケから雑なフリップ芸まですべてを拾い上げ、豊富な知識で的確なツッコミを入れ、分かりやすいフォローも忘れない。川島という全方位型のレシーバーの存在が安定した笑いにつながり、新たな視聴者層を掴み始めているのだ。

スポンサーリンク


 さらに、アイドルを積極的に起用していることも特長的で、乃木坂46や日向坂46、櫻坂46といった“坂道グループ”、Kis-My-Ft2やジャニーズWEST、Snow ManやSixTONESといった若手ジャニーズを網羅。8月から9月の木曜日には櫻坂46の守屋麗奈(21)が出演。9月のマンスリーゲストは5月に続いて2度目となるジャニーズWESTで、3日から濱田崇裕(32)、神山智洋(28)、藤井流星(28)、重岡大毅(29)が週替わりで登場し、テレビを見ない10代、20代の若いファン層が流入している。

 アイドルが出るとガ然盛り上がるのはツイッター。Snow Man、SixTONESが出演した日は「#ラヴィット」が日本トレンドで1位に。局側もツイッターに力を入れており、麒麟のマネージャーによる「まもなく#ラヴィット!」、番組公式による「#はみ出しラヴィット!」を動画で公開。スピンオフ企画「真夏の夜のラヴィット!」も同局のParaviで配信している。

「コロナが長引いているせいで(他局の)朝の情報番組はマジメで、内容がさほど変わらない。そんな中、“誰も傷つけない情報番組”へのニーズが高まり、浸透してきた感があります」(エンタメライターの伊藤雅奈子氏)

 川島は10月から、指原莉乃(28)との新バラエティー「100%!アピ~ルちゃん」(TBS系)もスタート。“川島無双”はまだまだ続きそうだ。

9/2(木) 9:06配信
日刊ゲンダイDIGITAL

https://news.yahoo.co.jp/articles/1336d9acc7fb5811129b9223b62ac037af64cb3e

20210331001

続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました