【お嬢様】声優・早見沙織「人生で給食だったことがないんです」憧れは揚げパン

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2021/09/09(木) 20:26:36.17 _USER9
声優でアーティストの早見沙織さんが、9月8日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。当番組のリスナーと同世代である10代のころはどのように過ごしていたのか、パーソナリティのさかた校長の質問に答えました。

早見沙織さんはアニメ『鬼滅の刃』の胡蝶しのぶや『呪術廻戦』の伏黒津美紀、『ONE PIECE』のヤマトなど、人気作品のキャラクターの声を担当。アーティスト活動としては、2020年にデビュー5周年を記念したミニアルバム『シスターシティーズ』、『GARDEN』をリリースしています。

さかた校長:早見先生は、10代のころはどんな学生でしたか?

早見:お仕事を始めたのが、けっこう早かったんですね。14歳のときに、今の声優事務所に入ったんですよ。

さかた校長:14歳?! 中2?

早見:そうなんです。でも学業を優先しながら、合間でお仕事をさせていただくような……二足のわらじの生活をずっと送っていました。

さかた校長:はい。

早見:学生生活は謳歌したいと思っていたので、合唱コンクール委員とか、文化祭実行委員とか、けっこうやっていましたね。

さかた校長:合唱コンクール委員……そのときの合唱を聴きたいですね。

早見:指揮者もやりましたよ。いろいろしていました。

さかた校長:ちなみに、好きだった合唱曲ってありますか?

早見:女性しか出てこない合唱曲なんですけど、(大熊崇子作詞作曲の)「さくら」ですね。『花が咲き 花が舞う』という歌詞の……。

さかた校長:はいはい! 僕は「旅立ちの日に」が好きです。

スポンサーリンク


早見:いいですね、卒業式で歌ったら絶対泣いちゃう。

さかた校長:(学業と声優の)二束のわらじは大変じゃなかったんですか?

早見:切り替えができていました。仕事でハードな日々が続いても、学校で友達と話すと気分が変わったりとか。すごくバランスはとれていたと思いますね。

さかた校長:学校では友達と話して、仕事ではどうだったのですか?

早見:現場は大人ばっかりなので、先生がいっぱいいるような感じでした。ものすごく緊張するんですよね。「失敗しちゃいけない」とか、それこそ先生にあてられたときに「うまい解答をしなきゃいけない」のような、そういう気持ちがずっとありました。

さかた校長:学校の授業では、何の教科が好きでしたか?

早見:音楽と家庭科が好きでした。

さかた校長:うわ~ベストアンサーだ! 給食の思い出はありますか?

早見:それが、人生で給食だったことがないんです。ずっとお弁当だったんです。だから給食には憧れがありました。揚げパン? とかいろいろありますよね。

さかた校長:揚げパンね! 僕の地域では、人参ピラフとか冷凍ミカンとか出ました。

早見:いいなぁ! そういうのが憧れです。

9/9(木) 19:52
TOKYO FM+

ゲストの早見沙織さん
https://news.yahoo.co.jp/articles/2332f8e2899ecf938de8af89217d5783205c40f3

no title
続きを読む

Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました