【始球式】 池江璃花子「移植から今日で2年」 ヤクルト戦始球式で笑顔のノーバン投球披露

芸能トピ++

1: なまえないよぉ~ 2021/09/25(土) 20:55:06.55 _USER9
 白血病から復帰して東京五輪の競泳日本代表となった池江璃花子(21=ルネサンス、日大)が25日、ヤクルト―中日戦の始球式を務めた。

 池江はミズノが作成した“オリジナルグローブ”を手に、7月4日生まれだからなのか背番号「74」が入った上下ヤクルトのユニホーム姿で登場。

 現在同じ年で学年では1つ上の村上宗隆内野手(21)からボールを直接手渡されると、マウンドから綺麗なフォームで見事なノーバウンド投球を披露し「緊張しすぎて何があったのか不安ではあるんですけど、楽しく投げられました」と笑顔。

スポンサーリンク


 村上とは昨年12月に雑誌の対談企画で初対面。久々の再会、ボールを渡された村上との会話は緊張のあまり「覚えてない」と答え、始球式については「本当はストライクを狙ってました。練習ではもっと上手く出来てたんですけど…」とアスリートらしい向上心を見せた。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

[ 2021年9月25日 17:32 ]

プロ野球セ・リーグ ヤクルトー中日 ( 2021年9月25日 神宮 )

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/25/kiji/20210925s00001173480000c.html

baseball_ball

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました