ベッキー、夫の収入が10分の1に!周囲に漏らしていた「夫の薄給」と「節約弁当」

芸能トピ++

food_bentou_yoru

1: なまえないよぉ~ 2021/11/18(木) 20:32:41.63 _USER9

 言葉の主は、巨人の三軍野手総合コーチを辞任した片岡治大。「バンザイ」したのは、妻のベッキーだった。

夫の給料はピーク時の「10分の1」
 11月14日公開のYou Tubeチャンネル『デーブ大久保チャンネル』のゲストに出演した片岡。4年間の指導者生活を振り返り、コーチを辞任した理由についても言及した。

 人が諸手を挙げて喜ぶのは、いろいろな理由があるが、冒頭の言葉の後、片岡はこう続けた。

「(妻が)“毎朝、(僕を)見送るのがきつかった”って言っていました。僕がしんどそうだったんですって。“ああ、今日も見送らなきゃいけないのか”みたいなつらさはあったみたいです」

 片岡は’17年に巨人で現役を引退すると、その年のオフから二軍内野守備走塁コーチに就任。’19年にベッキーと結婚し、翌年には第一子、今年春には第二子(いずれも女児)が誕生した。しかし、その矢先となる今オフ、三軍コーチを辞任。「フリー」となった。

 片岡の今季の年俸は1500万円(推定)。昨年のオフシーズンに二軍から三軍コーチに“降格”した際の年俸は変わっていないが、ベッキーと結婚した’19年、なぜか1800万円(推定)から300万円ダウン。ちなみに、現役時代の最高年俸は西武ライオンズ時代、’11年の1億7000万円(推定)だった。

スポンサーリンク


 当時に比べ、今の給料は10分の1以下になったことに。世間一般からみれば、年収1500万円は薄給とはいえないが、一流芸能人としてバリバリ稼いできた妻としては少し物足りない数字かもしれない。

「ベッキーは結婚後、“夫の給料が少ないから、毎朝お弁当を作っているの”と、冗談めかして周囲に漏らしていたそうです。今は2人の子供もまだ小さく、ベッキーは母として、また家族の大黒柱として家計をうまくやりくりしているのでしょう。

 ただ、球団から離れればその固定給もなくなる。片岡はこれから野球教室で臨時コーチを務めたり、アマチュア野球の資格を取って高校野球の指導者も目指すようなので、収入自体はコーチ時代よりは減る可能性が高い。ベッキーファミリーの節約生活は今後も続きそうです」(スポーツ紙記者)

11/18(木) 16:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/777bbd90edddcd2f4d6032fff533fbea476d82ca?page=1
https://i.imgur.com/GWvqDDU.jpg
https://i.imgur.com/UzlLGpq.jpg

続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました