生見愛瑠 “めるる旋風”どこまで?  勉強家という業界評、私生活は真面目で控えめファッション ドラマ出演で演技も好評

芸能トピ++

pose_heart_hand_woman

1: なまえないよぉ~ 2021/11/21(日) 22:52:20.72 _USER9

“めるる”こと生見愛瑠(19)はティーンエージャーの女性向けファッション誌「Popteen」の専属モデル出身で、バラエティー番組で活躍する若手タレントだ。

「Popteen」の先輩モデルである“みちょぱ”こと池田美優(23)や、“にこるん”の藤田ニコル(23)の活躍を見れば、生見も彼女ら同様に今後もバラエティーを中心に活動を続けていくのだろう。
そんな生見は、今、女優としても大いに注目されている。

現在放送中の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)は、勝ち気な盲学校生・赤座ユキコと、喧嘩っ早いがピュアな心を持つヤンキーの黒川森生が出会い、不器用ながらも引かれ合うラブコメディー。

生見はこの2人の恋に割って入り、ユキコの白い杖を奪う卑劣な行為で仲を裂こうとした後、反省して友情を育むハチ子という役柄を演じている。

ネットでは、「うざい演技が自然」「バラエティーの時とは別人みたい」といった称賛の声であふれており、意外な才能にドラマ界も注目している。

「生見はフジテレビ系で今年4月に始まったコント中心のお笑い総合番組『新しいカギ』の初回ゲストとして初めてコントに挑戦したのですが、『これがめるる?』と、驚いてしまうほどキャラが変わるし、演技がすごくうまいんです。コントなので生見のシリアスな演技の途中で芸人たちがボケを連発するのですが、生見はそんな場面でもしっかり役に入っていて全く引っ張られない。女優としての才能を強く感じました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■私生活は控えめファッション

スポンサーリンク


モデル時代は“名古屋一かわいいJKモデル”と称され、バラエティー番組デビュー当時は、大きな口を開けて白い歯を見せて笑う屈託のない愛くるしさと、
「めるる語」という大人には理解できない独特な言い回しで、「懲りもせず新たなおバカタレントがまた出てきた」と感じた視聴者も少なくなかったはず。

しかし、実際の生見は、それとは真逆。
真面目で堅実で、かなりの勉強家なのだとか。

「みちょぱやにこるんはキラキラしていて言動も格好も派手。私生活はテレビで見るほどではなくても、それなりに社交的だしキラキラしたキャラは変わりません。でも生見は、実はかなり真面目で控えめな性格。スタッフにはものすごく礼儀正しい。出演番組は全て見返し、自分の言動や立ち居振る舞いを常にチェックし、事前の準備も怠りません。原宿で偶然、見かけたのですが、チノパンに無地のシャツみたいな服装で、原宿を歩く女子の中でも一番地味でした。ハットに長い髪を隠してマスクをして歩いているので誰も彼女には気が付きませんでした」(バラエティー番組関係者)

芸能人の友達はほとんどおらず、休日はほぼインドアで生活しているのだとか。

バラエティーでのあの笑顔も努力のたまものかと思うと、彼女に大きな才能と女優としての将来性を感じざるを得ない。

“めるる旋風”どこまで? 勉強家という業界評、私生活は真面目で控えめファッション

https://news.yahoo.co.jp/articles/8af3784a5bd104f2dbe50dca9bae4e6cb02a53c4
https://i.imgur.com/G4ESnNH.jpg


続きを読む
Source: 芸能トピ++

スポンサーリンク


芸能トピ++
geinoutopics plusをフォローする
芸能ゴシップ裏の裏
タイトルとURLをコピーしました